読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いっぱいかあさん

育児の絵日記です。たまにゲームの話。

全身かゆくて死にかけて妊婦やめたいと思ったPUPPPの話

スポンサーリンク

キュー(第一子)妊娠中にかかったPUPPP(厳密には違う症状ですが妊娠性痒疹のほうが検索では情報が出てきます)の話です。
聞き慣れない単語かもしれませんが、妊婦さんの100人に1人がかかるらしい、激しいかゆみと湿疹に襲われる症状です。

そのときのことを思い出しながらマンガにしました。

お医者さんにもはっきりと症状名は断言されず、「妊娠・かゆみ」で検索して辿り着いたのがこの名前です。

 

 

f:id:kanemotonomukuu:20161113140612j:plain

 

f:id:kanemotonomukuu:20161113140613j:plain


大きなお腹の写真を載せること自体あれなのに、このときは写真を撮らずにはいられなかった…(やめたけど)


お腹の絵がオーバーに見えますが、本当にこんな感じになっていました。
赤い湿疹同士がくっついて地図のようになったり、キリンの模様みたいになるのです。

もしどんな症状か気になるかたは、PUPPPあるいは妊娠性痒疹で画像検索をしてみるといいと思いますが、けっこうショッキングな画像が多いので自己責任で。


f:id:kanemotonomukuu:20161113140614j:plain

f:id:kanemotonomukuu:20161113140615j:plain

f:id:kanemotonomukuu:20161113140616j:plain

f:id:kanemotonomukuu:20161113140617j:plain

f:id:kanemotonomukuu:20161113140618j:plain

 

 

「全身かゆくて死にかけて妊婦やめたいと思ったPUPPPの話」あとがき



厳密には、PUPPPは初めての妊娠中、妊娠後期に現れるもの。妊娠性痒疹は妊娠初期に現れるものをさすようです。

私は第一子でPUPPPに、第二子で妊娠性痒疹にかかりました。(ということになるのだと思います)

ただとにかくかゆくて、かき続けるしかありませんでした。
作中で手袋をしていた、とありますが、かけないとストレスでまた頭がおかしくなりそうで、けっきょく外してしまいました。


かくと気持ちいいんですよ。

でも、かき壊すまでかいてしまうので、その罪悪感で自己嫌悪に陥って。

けれど、時間が経つとまたかゆくなるからかいて…の繰り返し。

ネットには産んだら治るの情報しかなくて、それは前向きな希望どころか「じゃあ今すぐ帝王切開してもらえばいいのか?」と毎日考えていました。


2人目のときは4か月になる前とかに発症したので、「これが臨月まで続くとか絶望か」と思いましたが、一緒にPUPPPを乗り越えた息子がいましたので、ここまで暗い気持ちにはなりませんでした。
辛いことには変わりないんですが、家事をやらないわけにはいかないので、動くことで逆にかゆさから気をそらせたのかも。

今現在、激しいかゆみと湿疹で悩んでいる妊婦さんがいたら、「辛い気持ちすごくわかるよ、1人じゃないよ」ということが言いたくて、マンガにしました。

むしろ、それしかできることないんですけど…
周囲の人に頼ったり、愚痴ったりして、泣き言いっぱい言ってください…。

第一子の産後に書こうと思っていたのですが時間がなく挫折してしまっていたので、ようやく描くことができました。

私はやっぱり最後は笑われるようなオチがついてるマンガじゃないとうまく描けないです…。


 

今現在、妊娠性痒疹やPUPPPでお悩みのかたへ


たぶんお医者さんにかかってもどうしようもなくてネットの情報をたくさん検索して、色々情報は見たうえで、尽くす手がなくて…という感じだと思います。

私からも「これが効いた」という新しい情報がなく、申し訳ありません。

ただ、私の症状について、もし参考になることがあればと思うので、書き綴っておきます。

私の症状と治った時期について

産んだら直るというのが定説のようですが、私は1人目で発症してから2週間で出産、2人目は発症してから2週間で症状が自然に軽快していきました。
その後、2人目は出産まで再発などはありませんでした。
だから、もしかしたら出産にかかわらず2週間程度で治ることもあるのかもしれません。



PUPPPと妊娠性痒疹にかかった時期について

1人目が臨月、2人目が4か月になるかならないかの時期です。季節としては2人とも寒い時期です。乾燥や気温の影響もあるのかもしれません。


かゆみを紛らわせるためにしたこと

対症療法としては、1人目のとき(PUPPP)にはアルテニーニ ローション(Amazon)が効いたというか、かゆみを紛らわせてくれました。手放せないぐらい使いました。
2人目(妊娠性痒疹)のときにはほとんど効果がありませんでした。

妊娠性痒疹では皮膚科から指導を受け、ワセリンを塗って保湿をしました。効いたのかはわからないですが、ワセリンは保湿する分べたつきがあるので、服が張り付いて余計にかゆみを引き起こされた気がします。


私の体質について

私にはアレルギーやじんましんの経験はありませんが、血液検査の結果、スギ花粉アレルギーの要素は持っているようです。(自覚症状はありません)

元々肌トラブルは特にありません。特別な疾患もありません。妊娠中の経過は良好でした。


産後の赤ちゃんや私の様子について

2人とも、私が30歳前後で産みましたが、その後、肌には痕が残ることもなくすっかりキレイに治りました。

第一子(PUPPP)のときの子は、冬に乾燥肌になる程度で特別な肌トラブルはなく、その他発育などもごく標準です。
第二子(妊娠性痒疹)のときの子はまだ4か月なのでなんとも言えないのですが、上の子よりもおむつかぶれや赤ちゃん期にありがちな肌トラブルはないなあ…という印象です。


少しでも、参考になれば幸いです。