読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いっぱいかあさん

育児の絵日記です。たまにゲームの話。

不器用なおかーさんは君の誕生日をお祝いしたくて頑張った

スポンサーリンク

不器用なおかーさんだけど、君の誕生日をお祝いしたくて頑張ることにした。

妹が生まれてから、出かける場所とか回数も限られちゃってるから、せめてお誕生日はお祝いしたくてね。


 



ケーキは去年までオーダーしてその時好きなキャラクターのケーキを作ってもらってたね。

でも今年は、赤ちゃんいるからケーキ引き取りにいけなくてね。

君がアルファベット大好きだからこんなのを作ってみることにしたよ。

f:id:kanemotonomukuu:20161127010323j:plain

これくらいならおかーさんにもできるかなーって。


不器用なおかーさんだからスポンジは焼かないよ。

f:id:kanemotonomukuu:20161127010328j:plain

完成品を買って、失敗を未然に防いだよ。


不器用なおかーさんだから、アルファベットのクッキーも焼かないよ。

これがあれば完璧。

4袋くらいあれば必要なアルファベットも全部揃うよね。

それからアイシング用の着色料。

安いんだね。今度他にも何か色をつけてみようかな。チョコとか。


不器用なおかーさんだから、クックパッドを見ながら頑張ったんだけど。

cookpad.com



f:id:kanemotonomukuu:20161127010325j:plain

やっぱりあんまり上手じゃなくて。

f:id:kanemotonomukuu:20161127010326j:plain


ごめんね、これが精いっぱいだったよ。

f:id:kanemotonomukuu:20161127010327j:plain


ナッちゃんが泣いちゃって、おかーさんはおんぶしながら頑張ったよ。

背中バキバキだよ。

クリーム塗るの下手だし。

f:id:kanemotonomukuu:20161127010329j:plain

 

おかーさん頑張ったんだけどこんな感じになっちゃった。

 

f:id:kanemotonomukuu:20161127010330j:plain

 

ネットで写真をあげてるおかーさんたちはみんな上手なんだけどね。

あの人たちは素人の皮を被ったなにかなんだよ…覚えておいて。

 

おかーさん不器用でごめんね。

f:id:kanemotonomukuu:20161127010331j:plain

思ったよりクッキーが大きくて窮屈になっちゃった。


不器用なおかーさんなので、料理もこれしかできなかった。

f:id:kanemotonomukuu:20161127010336j:plain

cookpad.com


それから、飾りつけまで手が回らないかもって思ったけど、やっぱりやってあげたくてね、急いで飾りつけも作ったよ。

 

f:id:kanemotonomukuu:20161127010332j:plain


はあ、疲れた。

ここまでしなくてもよかったかなあ。

f:id:kanemotonomukuu:20161127010333j:plain

ナッちゃんも泣き止んだらほったらかしだよ。

これで準備は万端かな。

このまま寝ちゃいたいくらい疲れたー。

昨日もナッちゃんの夜泣きであんまり眠れなくてね…。



 

 

 

 



おとーさんと出かけてた君が、帰ってきた。

不器用なおかーさんの飾りつけを見て、「わあ、僕のおうち可愛いね!すごいねえ!」って言ってくれた。

びっくりした。

君、あんまり普段言わないじゃない、そういうこと。

「おいしい?」って聞いたら「おいしい」っていうけど。
「楽しい?」って聞いたら「たのしい」っていうけど。

自分から言わない。

自分から言ってくれること無いじゃない。


その一言だけでやってよかったよ。

おかーさん単純だね。




 

ケーキ食べようか。

ロウソクは4本。

f:id:kanemotonomukuu:20161127010324j:plain

 

ライターがなくてバーナーで火、つけたよ。


すごく不格好なケーキなのに、君は目をきらきらさせて。

さっそくアルファベットのクッキーから食べ始めた。

唯一おかーさんが作った(いや、クッキーは作ってないな)アイシングクッキーから。

f:id:kanemotonomukuu:20161127010334j:plain

 

f:id:kanemotonomukuu:20161127010335j:plain

こんな食べ方されるなら、キレイに作らなくても大丈夫だったな、って笑っちゃったよ。

クッキー食べて、ケーキ食べて、お寿司も食べて、料理も食べて。

普段、小食で偏食な君がいっぱい食べててうれしかったよ。


 

 

・ 

 

その日の夜。

「カーテンについてる星ちょうだい」

飾りつけに作った星のこと?なんで?

「いっしょに寝る」



君は星を握りしめながら布団にゴロンと横になった。


そっかー。

そっかー。



不器用なおかーさんは、それしか言えなかったよ。


 

 

 

 

 

 

翌朝。

キュー「今日も誕生日会?」

いや、違うけど。昨日、やったじゃん。

キュー「じゃあ今日は誰の誕生日?」

誰の誕生日でもないよ…あっ、ケーキ食べたいだけでしょ!

キュー「ケーキ食べたい!お祝いしたい!」

次の誕生日はお父さんだけど、ずっと先だよ。

キュー「やだー!」

 

 

 

 

f:id:kanemotonomukuu:20161127235632j:plain

 



無茶言うな。


そういう、誰もが考えてるけどどうしようもない希望を、惜しげもなく口にできるのって今だけだよ。

おかーさん、「人の金で寿司が食べたい」って常に思ってるけど口にしてないからね。



でも。
楽しかったなら、よかったよ。

不器用なおかーさんは頑張ったかな。


おしまい。