いっぱいかあさん

育児の絵日記です。たまにゲームの話。

ごめんね、お兄ちゃん


スポンサーリンク

こんなふうに兄妹で差はつけないようにしなきゃって、生まれる前は思ってたんだけどなあ

 

 

f:id:kanemotonomukuu:20170319001038j:plain

 

 

息子は1人目の子供で、育児書やいろんな情報とにらめっこ。


成長が少しゆっくりめの子でしたが、「○か月なのにまだアレができない」、「同じ○か月の子はもうあんなことができるのに」など、できないことばかりを考えてしまっていました。

やっとできたからって褒めるよりも「ようやくできた…これで大丈夫」と、喜びよりもほっとする気持ちのほうが多かった気がします。

2,3歳になって少し落ち着いてきたと思ったら、幼稚園に入っていろんな子を見て、そしてTLなどで見かける同じ年のお子さんの成長っぷりを見て、「え…4歳ってそんなことまでできるの?」と驚くばかり。

息子は息子比で成長を見てあげなければならないのに、焦る日々。
4歳にもなると体も大きくなってますから、周囲の目も気になってしまうんですよね。もう子供だから…で済まされる年齢じゃなくなってきてますからね。

それにひきかえ娘は、何かできるようになるたびに褒められて、ただただ成長を喜ばれて…
最近の息子は「まだできないの?」と(私に)思われてるというのに。
それに気づいて自分が本当に情けなくなりました。



私は、自分にあまり自信がなく育って、コンプレックスばかりの子供時代でした。

息子にはそんな子供時代を送ってほしくないし、そのまま大人になってほしくないから、いっぱい褒めてあげよう、認めてあげようと思っていたんですけどね。


きちんとしたしつけも、もちろん大事なんですが、できないところばかりを見てるからますます焦って「きちんとしつけなくちゃ!」となってる気がします。

しつけは大事だけど、できないところを無くすためじゃなくて、できるようになるためにやることという意識で。