いっぱいかあさん

育児の絵日記です。たまにゲームの話。

うちの子だけ判定が違う


スポンサーリンク

育児書を攻略本だと思ってるとこういうことが起こるからさ

 

f:id:kanemotonomukuu:20170714211421j:plain

 

 

 

f:id:kanemotonomukuu:20170714211427j:plain

 

ここ最近、息子に怒ることがかなり増えてきてしまってて。
それで、いい本をいくつか読んだので、「これだあ!」って思ったんですね。

↑マンガで要点が書かれていてよかったです。子供に対しての返答というよりは、自分の気持ちをいかに楽にするか、考え方を変えるか、といった内容。一部マンガで、文章でつづられています。でも要点がわかりやすい。忙しい人でもさらっと読める。

 

0歳~6歳編と、続編として6歳~12歳編がある。「男の子の一生を決める~」というタイトルだけど「男の子はこうあるべき」という内容ではなく、この年頃の子を持つお子さんなら「あるある!」な状況に対しての具体的な対処法が書かれている。



と、読んだ本を紹介しておいて、こんなマンガになってしまったわけですが…。

機嫌がいいときはこの本に書いてある返答をすると、打てば響くとでもいいますか、おもしろいくらいに言うことを聞いてくれるんですが、機嫌が悪いときはもうだめです。
この機嫌の悪さが、なにでスイッチが入っているのかいまいちわからず、いつも「怒らないでよ~」と祈るように話しかけているのが現状。

最近でこそ、切り替えてくれることは増えましたが、その分怒ったときのパワーは尋常じゃないです。

まだ4歳。でも、もう4歳。親の意識を変えなければと思うのですが、まだまだ修行が足りません。それで、こういった本を読んでみたのですが…おもしろいように効かない!
思えば2歳のイヤイヤ期から「イヤイヤ期にはこう対処!」「3歳の気持ちにはこう答える!」みたいなのを読んで都度対処してきたけど…効いたことなかったな~!そうだった~!

ただ、ごねていることやわがままに、イライラして頭ごなしに叱る対処法が良いわけがない。こういう本を読んで、受け答えのカードを多く持っておくことは良いなと思いました。方法を知っているのと知らないのとではまた違いますから。

10回に1回くらいは効くし…(効いてるといえるのか)

たぶん息子の当たり判定厳しすぎるので、親のレベルをあげるのが先ですね…。