いっぱいかあさん

育児の絵日記です。たまにゲームの話。

【創作】伝説のお母さん6話(前)


スポンサーリンク

6話です。やっとRPGらしい話に!
長いので前後編に分けています。今回は前編です。

→第1話から読む場合はこちらから

→前回の第5話はこちらから

 

 

f:id:kanemotonomukuu:20171009160449j:plain

f:id:kanemotonomukuu:20171009160458j:plain

f:id:kanemotonomukuu:20171009160506j:plain

f:id:kanemotonomukuu:20171009160646j:plain

f:id:kanemotonomukuu:20171009160658j:plain

f:id:kanemotonomukuu:20171009160709j:plain

f:id:kanemotonomukuu:20171009160724j:plain

f:id:kanemotonomukuu:20171009160739j:plain

f:id:kanemotonomukuu:20171009160753j:plain

f:id:kanemotonomukuu:20171009160808j:plain

f:id:kanemotonomukuu:20171009160820j:plain

f:id:kanemotonomukuu:20171009160829j:plain
第6話、前編終了です。

バトルが多すぎてここまでで1番作画に時間がかかりました。もう疲れたよパトラッシュ…

でも、この「伝説のお母さん」の最初を描いた時に思いついていたのが、最初の「なんで保育所間に合う時期までに復活してくれなかったんですかぁ!」っていうシーンと、今回の話なんですね。
RPGの登場人物がもし子連れで戦闘に行ったら大変だろうな~という…だから描けてよかったです。つまり、子連れ出勤・勤務の実験をしてみたということになります。

子供の存在ってすべてのコマンドを上書きしてくるし、行動順を無視して割り込んでくるなといつも思っています。攻撃されているわけでもないのにこちらのHP・MPは減っていく…

f:id:kanemotonomukuu:20171009161624j:plain


それでもやらないといけないのが親なんですよね。



おまけの②

能力表示の時のエピソード

f:id:kanemotonomukuu:20171009161714j:plain


まだ赤ちゃんなのでしょうがないです。

6話後編のネームはもうできているので、あとは時間を見つけて作画したいです。



→つづきの6話後半はこちらから!