いっぱいかあさん

育児の絵日記です。たまにゲームの話。

プリントスレビュー スマホの画像をチェキに!


スポンサーリンク

ツイッターでプリントスのことが話題になっていました。
「話題になる前から知ってたぜ」と古参か情報通かみたいなことを言いたくはないのですが、予約してたんです私!

f:id:kanemotonomukuu:20180113144453p:plain

ご覧のとおり注文日がこれで届いたのが年末でしたが!
(人気で品切れだったのかな…)

 

 

プリントスとは?

www.youtube.com


タカラトミーが発売したスマホの画像をチェキ(インスタント写真)として印刷してくれるプリンターです。
プリンターとはいっても手回しで出てくるのでアナログ機械。

近年スマホにカメラがついていることが当たり前になり、SNSで写真を見せ合う時代が来て、いつでもすぐに写真が確認できる時代になりましたけど、意外と写真を出力する機会がなかったり。
また写真の加工にレトロフィルターなんていうのがあって、わざと古く見せる写真もおしゃれなんで、チェキって魅力的なんですよね~。

実はこれまでにもスマホの画像を印刷してくれるハンディプリンターは存在していたのですが、値段が高かった!

これはスマホの画像を読み込んでチェキにしてくれる機械。今持っているスマホの画像をおしゃれなチェキにしてくれます。ただ、気軽に手を出すには15,000円以上でちょっとお高い。

さらにデジカメ+チェキという便利な商品もあったのですがやっぱり値段が…

デジカメとチェキの合体…昔のチェキは撮ったらそのまま印刷されてきましたから、便利な時代になったものです…。そのぶんお値段も…。

そして純粋なチェキは7,000円少々で購入できますが、どんな写真が撮れたのかわからないまま写真が出てきます。ええ、
一昔前はそれが当たり前だったんですけど。

 デジカメ・スマホカメラに慣れきった軟弱な私ではもう底扱いきれない…。私も写ルンですを修学旅行で使っていた世代なんですけどね。

そこにきてプリントスはメーカー希望小売価格が税抜3,700円という非常にお安い値段。
データを入れて出力するものではなく、スマホの画面を直撮りというアナログシステムながら、このお値段は魅力的!

これならおもちゃとして楽しむには十分!ということで購入してみたんですね。

それにしても「スマホデータを機械にいれる技術的に値段が高いのなら、画面を直接撮ればいいんじゃない?」みたいな発想が最高ですね。昔、好きなアニメのOP音楽をラジカセで直接録音していた時代を思い出します。この話が分からない人は身近な年上に聞いてほしいですが、相手を若干傷つける可能性があります。

 

すぐにプリントスを使わなかった理由

ただ、手に届いたものの使っていなかったのには理由がありまして。
先に書いたように、発売日から届くまでが遅かったので、先に使用した人たちのレビューを見たんです。
そしたら「スマホの画面が小さいと横幅が足りなくて余白ができる」というレビューが!
しかもそのスマホはiPhone5S。私のスマホもiPhone5S…。

プリントスはフレームを画面に当てて本体にセットして印刷するんですが、そのフレームがiPhone5Sの画面より大きかったんですよ。(下図)

f:id:kanemotonomukuu:20180113145046j:plain

つまりこういうこと

そこで、夫のスマホは画面が大きいので、スマホで借りてやろうと思っていました。そのうちに正月休みが終わりずるずるとここまで…。

しかしツイッターで話題になっているところを見て「そういえば持ってたわ!」とレビューをしようと思い立ちました。
前置きが長くなってしまいましたが、同じくiPhone5Sを使っていてプリントスの購入を悩んでいる方の参考になれば幸いです。


iPhone5Sでプリントスを使ってみる!

f:id:kanemotonomukuu:20180113145050j:plain

フィルムはinstax miniを使います。
プリントス本体にはフィルムは付属していませんので購入をお忘れなく。

説明書を読むだけで簡単に本体の準備、フィルムのセットができます。

 

スマホ写真の用意

さて本体の準備が終わったら今度はスマホに写真を表示させます。
まず写真は縦長で。画面全体にさえ表示されていれば横向きでもいいですが、チェキフィルムの形状を見ると、横に飾ると違和感があるかも。
説明書にも注意書きがありますが「画面の自動OFF」などの機能は切り、明るさは最大に。

また写真もこういう風に時計などを表示したままだと(下図スクショ)

f:id:kanemotonomukuu:20180113145128p:plain

このまま印刷されてきますので、画面全体が写真表示だけになるように拡大などをしておきましょう。(iPhoneだと写真をタッチして拡大するだけ)

f:id:kanemotonomukuu:20180113145106p:plain

こんな感じ。
他にもっといい写真なかったのかな。ありませんでした。


いざプリントスで写真を印刷!

操作は簡単。スマホをセットしたらスイッチを押してつまみを回すだけ。

f:id:kanemotonomukuu:20180113145134j:plain

仕組みがよくわからないのですがたったこれだけ!
数分待つと写真が浮き上がってきます。

さて、いよいよiPhone5Sで出るという余白ですが

f:id:kanemotonomukuu:20180113145137j:plain

あーっ、出てますね…!
でもこの写真は背景が暗いのであまり目立たない、かも。

明るい写真ならどうでしょう。

f:id:kanemotonomukuu:20180113145115p:plain


この写真を

f:id:kanemotonomukuu:20180113145145j:plain

うーん、やっぱり余白が出ますね…。

全体像はこちら!

f:id:kanemotonomukuu:20180113145150j:plain

はっきりと余白がわかります。

ただ、思ったよりも気にならないというか…写真全体の雰囲気がばっちりなので、とってもいい感じ…!
画質はスマホの画面を直接撮っているので想像通りのぼんやりとした感じですが、それがまたレトロな雰囲気を出しています。部屋に飾るとそれだけで絵になりそう。
スマホの写真、定期的に印刷はしていたのですがチェキという形で手元に残すのもいいですね。

ちなみに芸能人の写真を印刷すると「え…手元に○○が…」という背徳感を得ることができるのでおすすめです。

f:id:kanemotonomukuu:20180113145153j:plain

楽しむときは個人の範囲で。

 

大人を楽しませてくれるプリントス

お手頃な値段はおもちゃとして楽しむには十分!たくさん印刷するとなるとフィルム代がかかりますが、写真をおしゃれに取りたい、飾りたいという人には買いだと思いました。

この小さなチェキでも十分可愛いのですが、インスタみたいに正方形のチェキはこの商品では印刷できません。正方形チェキは冒頭で紹介した3機種なら印刷可能。スクエアのチェキがいい方はご注意を。

子供も「写真が浮きあがってくる」という行程を興味津々で見つめていました。不思議だよね、産まれたときから君たちは撮った写真が画面のなかにあるんだから。

f:id:kanemotonomukuu:20180113145057j:plain

一家に一台どうでしょう。

スマホたくさん写真が入る時代だからこそ、大切な1枚は手帳や定期入れに忍ばせておくのもいいかもしれません。