いっぱいかあさん

育児の絵日記です。たまにゲームの話。

「伝説のお母さん」ドラマ設定のことと最近のお知らせ

改めてドラマ化についてのご報告です。

公式HPすごくないですか?こんなに丁寧に遊んでもらって感謝しかないです。
キャラ一覧とかカードになってるんですよ…どこで買えるの?さっちゃんのカード欲しい。「卵ボーロ好き」って設定が可愛すぎて床に倒れこんだ。

 

ドラマオリジナル要素について

さて、キャラ一覧といえばお気づきになったかもしれませんが、ドラマ化にあたりオリジナル要素がたくさん追加されております。

キャラクターの名前や年齢については、NHKさんに完全にお任せしています。(原作ではあいかわらずみんなに名前はなく、年齢も明言しておりません)
また、原作にいたキャラがいなかったり、新しいキャラが出てきたりしています。ストーリーも原作のままではなく、大胆にアレンジされています。

原作からドラマをご覧いただく方には大好きなキャラがいなかったり、原作と違う!ということもあるかもしれません。それについては原作者として本当にありがたいことで、原作キャラとストーリーを好きになっていただき感謝の気持ちでいっぱいです。

作品を描いた自分が親なら、作品は子供のようなものと言います。
我が子はNHKさんのおかげで大変身して魅力ある姿になりました。それは子どもが大人になったような変化だと思っています。子どもが大人になれば、姿は変わるものです。でも魂(作品のメッセージやテーマ)は、なにも変わっていません。だから、親としてはこのドラマアレンジに対して「立派になって…!」という言葉がぴったりなんです。

正直、ドラマ化になると原作もいっぱい読んでもらえるぞー!という下心もありました。でも、ドラマのことがいろいろ決まっていくにつれて「あれ、これってドラマから原作読んだ人たちに“原作つまんないな。ドラマのほうが面白いな”と言われるパターンでは?」と不安になっています。

だって、台本や撮影現場やまだ公開されていないたくさんの情報から考えると、0.1秒で出る答えが「これ絶対面白いドラマだ」なんですよ。
隅から隅までこだわった、NHKさんが本気で仕上げた結果のドラマオリジナル要素なので、面白くならないわけがないのです。

期待以上の作品をご覧いただけると思います。2月1日23:30から、ぜひ一緒に見てください!

 

当ブログやツイッターでは、放送に合わせてレポマンガなど公開できたらなと思っております。

あと、帯がドラマ仕様になった紙書籍版もそのうちお店に並ぶようです!

f:id:kanemotonomukuu:20191224125908j:plain

立派になった姿(右から左へ)

こちらも見かけたらぜひよろしくお願いします。

 

 

マンガの仕事関係のお知らせ

【1】「伝説のお母さん つづきから」はじまっています!

「伝説のお母さん」の続編をダ・ヴィンチニュースさんにて連載中です。
お話は、前回の続きからはじまります。各キャラにスポットをあててお話が展開していく予定。新キャラも出るよ!

 
【2】「What'sHome」書籍化のお知らせ

Souffleさんにて連載中の「What'sHome」が来年、書籍化されます。
詳細は順次お知らせいたします。

 
【3】「伝説のお母さん」note無料版・有料版を公開しました。

noteにこのブログで公開しているものと同じバージョンを10話まで公開しています。

 また、有料版もアップしました。電子書籍版とすべて同じ内容をお読みいただけます。価格は紙書籍版と同じ1,012円です。


有料版note限定で、このブログで公開していたおまけの落書きをいれています。清書などはしておりません、本当に落書きで10点あるかないかなので、本当におまけ程度に考えてください。(※この落書きは同人誌などで別途公開される可能性があります)