いっぱいかあさん

育児の絵日記です。たまにゲームの話。

なぜ家族の食事を用意するのがしんどいのか

考えてみた結果

 

f:id:kanemotonomukuu:20200420195819j:plain

 

この他、予算や、今の家にあるもので作れるか、買い出しに行かなければだめかなどが加わってきます。そうすると絞られてしまう…

 

このコロナ非常事態により、晩御飯は日に日にこうなっていきました。

f:id:kanemotonomukuu:20200420195947j:plain


なんかもう、1日中朝からずっと子どもの相手をしながら仕事してだと、夜ごはん作る気力もない。

f:id:kanemotonomukuu:20200420200135j:plain

麺の夕食がとても増えた。
麺は、麺だけでいい。おかずをそこまで用意しなくていいから…

あとはもう旦那には自己調達してもらい、子どもたちのご飯だけなんとか私が用意しています。

コロナ中の在宅ワークwith子どもの生活について

小学校も休校・保育所も学童も「自宅で保育が可能な方は自宅で」という自粛要請により、在宅ワークの私はなかなかに預けづらい状況でして、4月はほとんどお休みしてました。というか3月中旬くらいから週2くらいでしか行ってないのが、ここのところになってとうとう1週間まるまるお休みに、というか。*1

学童はずいぶん前から利用自粛、さらに息子の放課後デイサービス利用者が半分以下になっていること、自治体から再度の「自宅で保育がry」要請がありまして、兄妹揃ってすべてをお休みして可能な限り家で過ごしています。
私は医療などの面から直接コロナと戦うことはできず、情報発信もデマが多いので心配でしないようにしています。そんな私ができることはできるだけ家で過ごし、健康に過ごすことだと思っています。

とはいえ子どもがいる毎日。連載中の今月の原稿は永遠に終わらない気がしましたが、なんとか目途がついたのでコロナ禍のなかでの子どもとの生活についていろいろ絵日記も書きたいなあと思っています。

ddnavi.com


「伝説のお母さん つづきから」は連載続いております。

これまでは「CLIP STUDIOと保育所と学校&学童」の力で原稿を完成させていましたが、5月更新分くらいからは「CLIP STUDIOとレトルトとマインクラフトとプライベート時間のすべて」で完成されてる感じになります。
このあとの絵日記でそのへんも書くから…見てね……


*1:私が住んでいるところは特別警戒地域ではありません