未来への10カウント(みらてん)|感想は面白くない?つまらない?評価を調査してみた!

mira10-not-good-review

タイトル
・「未来への10カウント」(みらてん)の感想が「つまらない」「面白くない?」の理由
・ 「未来への10カウント」(みらてん)の感想評価と視聴率

木村拓哉さん主演のドラマ「未来への10カウント」が2022年4月14日(木)より始まりました。

キャストは満島ひかりさん、安田顕さん、King & Prince髙橋海人さん、内田有紀さんなど豪華キャストでの学園スポーツドラマです。

SNS上では「面白くない?」「つまらない」という感想や評価がありましたのでその理由を調査していきます!

「未来への10カウント」感想がつまらない面白くないの理由とは?

未来への10カウントは、生きる意欲を失った男がボクシング部の高校生たちに出会い再生していくドラマです。

今回は、「未来への10カウント」がつまらない、面白くないと言われる理由を調査してみます!

① 現実味のない設定

木村拓哉さん演じる桐沢と髙橋海人さん演じる伊庭がスパークリングをするシーンで、伊庭が桐沢のパンチをくらい骨にヒビが入るシーンがあり、1話からこの怪我はやりすぎなのではないかとの声がありました。
また、実際にはあり得ないような設定と感じる方もいたようです。

② 他のゲームやドラマに似ている

木村拓哉さんが主演を務めるゲームソフトの「LOST JUDGMENT」や「ドラゴン桜」「ごめんね青春」などに似ているという声が多くありました。

他のドラマやゲームにたくさん出演している俳優さんも多いので、イメージが少し被ってしまうところがあるのかもしれませんね。

③声が聞き取りにくい

主演の木村拓哉さんの声が聞き取りにくいとの意見も見受けられました。

役柄もあるのかもしれませんが、ボソボソと喋っていて聞き取れない方が多くいました。

音量を上げないと聞こえず、音量を大きくするとCMの時に大きくなりすぎてしまう現象がおき、音量調節が難しかったようです。

「未来への10カウント」感想がつまらない面白くないの理由|まとめ

  • 現実味のない設定
  • 他のゲームやドラマに似ている
  • 声が聞き取りにくい

豪華キャストがたくさん出ていて注目なドラマですし、序盤での感想や評価ですので、これからの展開に期待していきたいですね。