千と千尋の神隠し|舞台はつまらない?面白くない?感想理由を調査してみた!

sentochiro-not-goodreview

この記事でわかること
・「舞台 千と千尋の神隠し」の感想が「つまらない」「面白くない」「残念」「違和感がある」の理由

・「舞台 千と千尋の神隠し」の感想評価

2001年に日本の映画界にて興行収入の上位を占めている千と千尋の神隠しが2022年2月から舞台が始まりました。

主演の千尋役は橋本環奈さんと上白石萌音さん、ハク役は醍醐虎汰朗さんと三浦宏規さんのWキャストとなっています。

しかしそんな千と千尋の神隠しですがSNS上ではつまらない、面白くないという感想や評価がありましたのでその理由を調査していきます!

舞台 千と千尋の神隠しの感想がつまらない、おもしろくない理由とは?

スタジオジブリの代表的なビックタイトルの『千と千尋の神隠し』が時を経て舞台となっての復活は「面白い」のか「つまらない」のか、その評判を調査してみます。

①舞台ならではの表現やトラブルがその場だけになってしまうのが残念

舞台 千と千尋の神隠しがSNS上で残念と言われるのはアニメ映画とは違い、日によって仕上がり具合が違うためもう一度観たい、ということが叶わないということが悔やまれているほうが多いようです。

それと重ねて2022年5月17日以降は主演の橋本環奈さんが代役になるという件も話題になっていました。

②舞台千と千尋の神隠し|はチケットが完売で残念

新型コロナウイルスの影響もあり制限があるのか販売できる数に限りがあるようで購入できず残念、といった声もありました。

チケット販売開始当初から上がっている声でした。
話題作ということでなかなかチケットが取れないんですね。

③舞台 千と千尋の神隠し|千尋はアニメ映画では10歳なのに…?

キャスティングにアニメ映画との設定での相違に話題が挙がっていました。

 

実際に観るまでは10歳の千尋が成人している主演二人でキャスティングされたことに違和感を覚えた人が多かったようです。

千と千尋の神隠し 舞台はつまらない?面白くない?感想理由を調査してみた|まとめ

 

  •  舞台ならではの表現やトラブルがその場だけになってしまうのが残念
  • 『舞台 千と千尋の神隠し』はチケットが完売で残念
  • 『舞台 千と千尋の神隠し』は千尋とキャストの年齢相違が残念

舞台 千と千尋の神隠しはアニメ映画とは違い主役はW主演、その日によってアドリブが変わったりと舞台ならでは変化があります。

チケットも購入が難しいですがHuluで配信も開始されるそうなので、抽選に外れてしまった人や少し興味があるといった人も気軽に観られるようになりますね。