アクスタをなぜ持ち歩くのか?アクスタの推し活トレンドを紹介!

この記事でわかること

・アクスタを持ち運ぶのはなぜ?

・アクスタを使用した推し活方法は?

・アクスタはどうやって持ち運ぶ?

最近の推し活はアクスタを持ち運ぶのがトレンドとなっているのをご存知ですか?

アクスタを持ち運ぶ用のケースなども発売されていて、今では推し活に欠かせないアイテムとなっています。

今回はアクスタを持ち運ぶのはなぜか?どうやって使うのか?などを調査してみました。

アクスタを持ち運ぶ理由|持ち運びがしやすい

<blockquote class=”twitter-tweet”><p lang=”ja” dir=”ltr”>宗介のアクスタだけデカいから持ち運び困ってたんだけどセリアのやつめちゃくちゃ丁度いい🥳🙌 <a href=”https://t.co/SSy5hhjoT9″>pic.twitter.com/SSy5hhjoT9</a></p>&mdash; うどん🌸 (@Shark_o00) <a href=”https://twitter.com/Shark_o00/status/1576861927673765888?ref_src=twsrc%5Etfw”>October 3, 2022</a></blockquote> <script async src=”https://platform.twitter.com/widgets.js” charset=”utf-8″></script>

アクスタを持ち運ぶ理由として、持ち運びがしやすいという点があります。

アクスタは15cmほどの大きさのアクリルで出来ていますので、水にも強く丈夫です。

旅行先で雨が降ってしまっても安心して持ち運べるグッズはあまりないのでアクスタはとても優秀なグッズとなっています。

アクスタを持ち運ぶためのケースや、ポーチなどもたくさん発売されていますよ。

最近では100円ショップでもアクスタを持ち運ぶためのグッズが発売されています。

アクスタを持ち運ぶ理由|写真映えする

<blockquote class=”twitter-tweet”><p lang=”ja” dir=”ltr”>先日、カフェでアクスタ並べて遊んでたら会計の時に…<br><br>👩‍💼『どなたのファンなんですか?』<br>🧡『TravisJapanです』<br>👩‍💼『あー!世界デビューの!』<br><br>世界デビュー知っててくれた🥲<br>また絶対行きます🫶 <a href=”https://t.co/uGASrfQZDD”>pic.twitter.com/uGASrfQZDD</a></p>&mdash; Yama (@yamachu_tj) <a href=”https://twitter.com/yamachu_tj/status/1577845838562615296?ref_src=twsrc%5Etfw”>October 6, 2022</a></blockquote> <script async src=”https://platform.twitter.com/widgets.js” charset=”utf-8″></script>

アクスタを持ち運ぶ理由として、写真映えするという点があります。

立体で自立しますし、全身が写っていてそこに推しがいるかのように写真を撮ることができます。

最近の推し活と言えばおしゃれなカフェで、アクスタと一緒に写真をとることがトレンドになっています。

おしゃれなカフェの店内やスイーツなどと、アクスタを一緒に撮影すれば更に写真が映えますのでオススメですよ!

また最近では旅行先にアクスタを持って行き、行った先などで撮影する方も増えています。

推しと一緒に旅行に来たような気分を味わえると人気です。

アクスタを持ち運ぶ理由|推しが手元にあるのが嬉しい

<blockquote class=”twitter-tweet”><p lang=”ja” dir=”ltr”>ただの聖地巡礼付き合ってくれる友達優しすぎ🥲<br>ちゃんと神ちゃんのアクスタも持ち歩いてます🌈 <a href=”https://t.co/9jrsL6SJqW”>pic.twitter.com/9jrsL6SJqW</a></p>&mdash; ask (@otakuchan_dayoo) <a href=”https://twitter.com/otakuchan_dayoo/status/1576477166862479360?ref_src=twsrc%5Etfw”>October 2, 2022</a></blockquote> <script async src=”https://platform.twitter.com/widgets.js” charset=”utf-8″></script>

アクスタを持ち運ぶ理由として、推しが手元にあるのが嬉しいという声もあります。

全身が入っていて持ち運びができるグッズは意外と少ないです。

ポスターは大きくて持ち運びに不便ですし、ステッカーやカードは折れてしまう可能性があるためかなり慎重に持ち運ぶ必要があります。

その点アクスタは丈夫かつ手軽に推しのグッズを手元に置いておけますので持ち運んで、

推しを近くに感じている方が多いようです。

アクスタを持ち運ぶ理由|おしゃれな推し活ができる

<blockquote class=”twitter-tweet”><p lang=”ja” dir=”ltr”>お昼休憩中にTwitterなのに先日のアクスタグラム。<br>先日久しぶりに行ったRelaさんで。お花のサラダとか超テンション上がるんだけど、一番は、Gina深澤さん表紙色の壁にテンション上がりました😹<a href=”https://twitter.com/hashtag/%E3%82%B9%E3%83%8E%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E3%81%A8%E3%81%8A%E5%87%BA%E3%81%8B%E3%81%91?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw”>#スノちゃんとお出かけ</a><a href=”https://twitter.com/hashtag/SnowMan?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw”>#SnowMan</a><a href=”https://twitter.com/hashtag/%E6%B7%B1%E6%BE%A4%E8%BE%B0%E5%93%89?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw”>#深澤辰哉</a><a href=”https://twitter.com/hashtag/%E6%BB%9D%E6%B2%A2%E6%AD%8C%E8%88%9E%E4%BC%8E?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw”>#滝沢歌舞伎</a><a href=”https://twitter.com/hashtag/%E4%BD%90%E8%B3%80%E3%82%AB%E3%83%95%E3%82%A7?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw”>#佐賀カフェ</a><a href=”https://twitter.com/hashtag/%E3%83%B2%E3%82%BF%E6%B4%BB?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw”>#ヲタ活</a><a href=”https://twitter.com/hashtag/%E3%82%B9%E3%83%8E%E6%8B%85%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%A8%E7%B9%8B%E3%81%8C%E3%82%8A%E3%81%9F%E3%81%84?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw”>#スノ担さんと繋がりたい</a> <a href=”https://t.co/C0GO152LOR”>pic.twitter.com/C0GO152LOR</a></p>&mdash; なお (@5L02rfyFqnSWQ6E) <a href=”https://twitter.com/5L02rfyFqnSWQ6E/status/1511252032908263427?ref_src=twsrc%5Etfw”>April 5, 2022</a></blockquote> <script async src=”https://platform.twitter.com/widgets.js” charset=”utf-8″></script>

アクスタを持ち運ぶ理由として、おしゃれな推し活ができるという点があります。

最近では「アクスタグラム」「アクスタのある生活」というハッシュタグが流行っており、アクスタを使ったおしゃれな写真をインスタに投稿している方が増えています!

オタク仲間やお友達とお互いの推しのアクスタを持ち寄って、インスタ映えの写真を撮影したりしている方も多いです。

インスタをやっている方は、アクスタを使ったおしゃれな写真を投稿してみてはいかがでしょうか?

アクスタをなぜ持ち歩くのか?最新の推し活トレンドを紹介!|まとめ

  • アクスタは丈夫で持ち運びやすい
  • カフェでアクスタと一緒に写真を撮るのがトレンド
  • アクスタグラムやアクスタのある生活というハッシュタグが人気

今回はアクスタをなぜ持ち運ぶのか調査してみました。

是非、推しのアクスタと一緒に色々な場所に行ってみてくださいね!